2005年04月01日

攻殻機動隊 荒巻最高!

攻殻機動隊ウイルスに電脳でもやられたがごとくはまっているルイサイファです。
こんばんわ。

やっぱり何回見ても9巻は最高だ!

特に気に入った荒巻のセリフを抜粋


貴様らは武器を提供しろ。わしは知恵を提供してやろう。


こんなこと言ってみてーーーーー!
頭のきれる人はやっぱりカッコいいな。

もう一個。


ワイン同様熟成に時間を要する人間関係もある。


かっけーーーー!
大人の恋愛最高!
私もしてみてーーーーー!

見てない人にはさっぱりの内容ですね。
気になる人は見てください。

以上、頭がすこしおかしくなっている人からの報告でした。
posted by ルイサイファ at 01:06| 石川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 好きなもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月29日

ダ・ヴィンチ・コード・・・

寝なければならないが、一つ君達に伝えるべき事がある。



やっべ!
ダ・ヴィンチ・コードむっさ面白れーーーーー!



予想以上だ・・・。
明日にでも下巻突入しそう。
厚いと書いているが苦もなく読める。
本当に私の好きな雰囲気。
1800円ぐらいだせるね!

どっかの評論で映画化を狙って書いたんじゃね?って書いてあったが確かに情景が目の前に浮かびそうな書き方である。
活字嫌いでも結構サラって読めると思う。
私が読んでるんだから。

全世界で売れるのも納得。
攻殻機動隊みたいにしつこく書いていくかもしれない。
それぐらい私の中でHIT!
posted by ルイサイファ at 01:55| 石川 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 好きなもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月28日

ダ・ヴィンチ・コード

ここのブログは今の時間つながりにくいですね。
必死こいてつないだルイサイファです。
こんばんわ。

タイトルどおり、今ダ・ヴィンチ・コードが流行っているようである。
テレビでも関連番組が見ただけで2回あったし、内容はなかなか面白いものだった。
同じモナ・リザの謎に関しても両方の番組で全然違う解釈であったが、両方とも純粋に面白かった。

ダ・ヴィンチの絵画に隠された謎が私が好きな雰囲気でとても興味深かったので、小説のほうでも買ってみるか!と思い日曜日に買ってきた。

1800円もしやがった・・・。
ハードカバーの本は今まで触れるとこもなかったが、これだけ売れてれば面白いだろうと思い購入したのだが・・・







まだプロローグしか読んでいない!


これだけ分厚いとなかなか踏ん切りがつかなくてね・・・・。
読み始めるとサーって読んでしまうのだが・・・。

まーどっかに返すわけでもないのでゆっくりと読んでいこう。
posted by ルイサイファ at 21:57| 石川 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 好きなもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月26日

攻殻機動隊 Vol.3

こんばんわ。
地震の番組を見て「こえー!こえー!」と大声で連発して近所迷惑なルイサイファです。

性懲りもなく攻殻機動隊。
攻殻機動隊はビデオで借りて見ているのだが、今回借りた9巻はストーリが神すぎる。

もうね!アラマキ最高!!

アラマキとは攻殻機動隊の中心グループ公安9課の隊長で課長であるが、老練な指揮官といった感じである。
もう、このアラマキがかっこよすぎ!
全体を通していい感じなのだが、特にこの巻ではアラマキに焦点を当てて作られた感がある。

私はかっこいい老人や中年が大好きだから、もう攻殻機動隊は最高!
といってホモって訳ではないが!

親父好きな人は見てはいかがだろうか?
posted by ルイサイファ at 20:21| 石川 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 好きなもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月14日

ひぐらしのなく頃に

久々の好きなものであるが
またゲームである(笑

今度はPCゲーム
「ひぐらしのなく頃に」である。
簡単に言うとパソコンで見る音楽が出る小説である。

昔からこの手のゲームはたくさんあるが、ほとんどのゲームは話のところどころに選択肢がある。それに応じ話が変わっていくのだが、このゲームは選択肢がない。基本的に一本道である。
私は体験版だけしかやっていないから、製品版ではあるのかもしれないがホームページを見る限りないみたいだ。
こうなると話のみがゲームの面白さに直結するが、これがすごい面白い!
というか怖い!
というか怖すぎる!
怖いという話はネットとかで騒がれていたのでそれなりに知っていたが、ほんと怖かった。
本格的にするためにテレビを消してこのゲームだけに集中したが、なんというか体の奥から来る怖さがある。
幽霊とかスプラッターとかいう怖さではないがなんか怖い。
私の場合は、後頭部がやけに寒いというかざわついた(笑

興味を持たれた人はこのゲームの名前をYAHOOかグーグル先生に聞いてみればすぐに答えてくれるはずである。
私としては是非やってほしい。
絵が独特でとっつきにくい人もいるかもしれないが、やってみて欲しい。
実は私もそうだった(笑
最初はつまんないなーとか思っていたが、徐々にはまっていく自分がいた・・・。

是非製品版も買いたいが、同人ゲームなのでなかなか買える気がしない。
百万石では通販しかないかもしれない。
でも欲しいので今検討している所である。
posted by ルイサイファ at 23:40| 石川 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 好きなもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月24日

となりのトトロ

好きなもの第三弾

スタジオジブリの「となりのトトロ」である。
知らない人はほとんどいないぐらい有名なアニメである。

私はスタジオジブリの作品は結構好きでほとんど見ていると思う。
まー、金曜ロードショーで繰り返し放送されるので皆見ているでしょう(笑

その中でなぜとなりのトトロを選んだのか?

私は最初はあまりこの映画が好きというわけではなかった。
最初は「天空の城ラピュタ」が大好きで何度も見ていた。

それがつい最近だが急にこの映画が好きになった。
その要因は舞台である田舎がとても気に入ったからである。
時代的には昔の日本であろうか?
区画整理のされていない田畑。
道はコンクリートではなく土のまんま。
何よりあの木々。
あのような風景が突如好きになったのだ。

好きな理由はそれだけではない。
まー田舎という点では変わらないのだが、それは田舎の「音」である。
昼間のセミの声。
ヒグラシ。
夜中の蛙の鳴き声。

私の実家はこの映画に出てくるような田舎ではないが
水田の多い田舎である。
その家で聞こえる音もこの映画でよく聞く「音」
蝉であり、蛙などの生物の声。

その中でも特に印象的な風景・音がある。
夏の日。
それは皆が寝た後であっただろうか。
私の家の居間からは、水田、その先には電車の線路が見える。
そのときは満月が出ており田植えのために水の張られた水田にきれいに満月が映りこみそれは綺麗な「風景」であった。
そのとき丁度最終電車であっただろうか?電車が通り、その電車の姿も水田にそっくり映った。
その時に聞こえた「音」は水田にいる蛙の鳴き声、電車の走る音、それだけである。

この風景がなぜかこの映画を見たときに思い出し、不覚にも泣きそうになった。
私は涙腺の緩いほうではあるが、この映画で泣きそうになるとは思いもしなかった。
もしかしてホームシックであろうか?
今までそういう気持ちになった事はなかったが、この時だけまた蛙の鳴き声を聞きたい気分になった。

うーん、歳を取ったかもしれない・・・(笑
今のところ緑を見るのが一番心落ち着く。

将来、あのような所に住めれば本望である。
posted by ルイサイファ at 20:25| 石川 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 好きなもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月15日

グラディウスX

好きなもの第二弾はゲームである。

グラディウスXでプレイステーション2のゲームであるが、知っている人のほうが多いかな?

知らない人も
上上下下左右左右BA
のコマンドの方が有名かもしれない。

好きといっても実は昨日買ったばっかりである(笑。

今、後輩が泊まりに来ている事はこのブログで何度も触れているが、何もやる事がなく暇だったので昔から欲しく、二人でできるゲームということもあり思い切って購入してみた。

私はコントローラーを一つしかもっていなかったため、もう一つのコントローラーと一緒に購入したが、二つで一万円近くになってしまい痛い出費である・・・。

後輩よ・・・泊まり賃としてコントローラー代置いていけ!

てのは冗談であるが、このゲームが本当に面白い!
っていうかとても難しい!
私は下手の横好きでよくこの手のシューティングゲームを買うのだが、このゲームはその中でも難しい部類である。
一面からかなりの戦闘機を無駄にしている。

何度か行いやっと一番簡単なやつで四面のボスまでである・・・。

このゲームはコンテニュー回数が決まっておりそこでゲームオーバーになってしまう。
いろいろ調べてみるとトータルで17時間ゲームをやると無限コンテニューができるらしいのでそれまでエンディングを見ることは叶わないだろう・・・。

しかし、本当に面白い。

当分の間、このゲームをやって一人でギャーギャー騒いでいる私が容易に想像できる。
posted by ルイサイファ at 18:27| 石川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 好きなもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月05日

ユグドラシル

さて、今日から新たなカテゴリー「好きなもの」を書いていきたいと思う。
ここでは私が好きなものをつらつらと書いていく。

記念すべき一つ目はCDである。
音楽は大好きであり、大学時代も音楽サークルに入っていた。
歌うのも大好きであり、一人でも家で大声で歌いさぞかし近所迷惑であろう。
カラオケももちろん大好きでいつも声が出ないくらい歌っている。

さて、そのCDであるがバンプオブチキンのユグドラシル。

ユグドラシル

バンプオブチキンの歌を最初に聞いたのはテレビだったと思う。
確か「ガラスのブルース?」だったかどうか
ガラスの目を持った猫のことを歌った歌である。
何気に聞いてていい歌だなーと思い、よく歌詞を聞いてみると物語調に詩がつづられている。
私は涙もろいのだが、この歌を聴いてても泣きそうになった。
その後結構バンプの歌からは離れていたのだが、皆さんも多分知っているであろう「天体観測」という歌でまたバンプに出会うことになる。
この歌で結構売れたので何回もTVで流れるようになり、シングルCDを買ってみた。
その後、バンプのアルバムは最初からこのユグドラシルまですべて買っている。

さて、前置きが長くなってしまったがこのCDの紹介を行いたい。
バンプのアルバムは2番目に出た「THE LIVING DEAD」かファーストアルバムの「FLAME VEIN」が自分自身では好きである。3番目のアルバムの「jupiter」はあんまり好きじゃなく今回のアルバムはどうかなーとあんまり期待しないで買ったわけであるが、予想をうれしい方向に裏切ってくれた。
いい曲ぞろいである。
その中でも私が特に気に入った曲は「乗車権」と「車輪の唄」だ。
「乗車権」は音楽が文句なくかっこよく、カラオケに入ったらハイな感じで歌いたい。
「車輪の唄」は駅で別れる恋人同士を歌ったものであるが、これまた歌詞を読んでみると泣きそうになった。どうも私はこのようなシチュエーションに弱いようだ。いっつもこんな歌で泣きそうになる。
まー何でも泣けることは自分自身では幸せなことではないかなーと思っている次第だ。

こんな感じで書いてみたが、振り返って見てみると全然このCDについて紹介なんぞしていないみたいだ。
言葉なんぞで表すより音楽を聴いたほうが何十倍、何百倍も通じると思う。(自分の文の下手くそさを棚にあげてみる)
バンプの歌は1つ1つ詩の中に物語が描かれているので、気にいる人は気にいるし、気にいらない人にはさっぱり気にいらない人と評価が別れるようなバンドだと私は思う。
それでも一回は聴いてみる価値はあるバンドと思うので、是非聴いていきたい。
posted by ルイサイファ at 03:41| 石川 ☔| Comment(0) | TrackBack(1) | 好きなもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。