2006年02月14日

GOTH 夜の章

はい、こんばんわ。
ルイサイファでございますわ。

さて、またまた内なる小説読みたい欲がでてきた。
今回読んだ小説はGOTH 夜の章
内容はこんな感じ。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
森野夜が拾った一冊の手帳。
そこには女性がさらわれ、山奥で切り刻まれていく過程が克明に記されていた。
これは、最近騒がれている連続殺人犯の日記ではないのか。
もしも本物だとすれば、最新の犠牲者はまだ警察に発見されぬまま、犯行現場に立ちすくんでいるはずだ。
「彼女に会いにいかない?」と森野は「僕」を誘う…。
人間の残酷な面を覗きたがる悪趣味な若者たち―“GOTH”を描き第三回本格ミステリ大賞に輝いた、乙一の跳躍点というべき作品。
「夜」に焦点をあわせた短編三作を収録。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

主人公は森野夜という女子高生と「僕」という男子校生。
このGOTHはこの二人の主人公のそれぞれの視点から描かれた小説。
今回読んだ夜の章は森野夜という女子高生のお話。
だからもう一つ僕の章という小説がある。
まだ読んでいないけどね。

感想みたいなものは、結構面白かった。
値段が400円前後で薄いために、一日で読める程度。
短編が3作なので、一作ずつなら1時間もかからないんじゃないかな?
どれも面白かった。
でもグロイね。
私はグロイの好きだからいいんだけど、それがダメな人は気にいらないと思う。
でもこの小説は物質的なグロさもあるんだけど、精神的グロさが際立つ。
上に書いた内容にも書いてあるけど、−人間の残酷な面を覗きたがる悪趣味な若者たち−、まー主人公達なんだけどこいつ等の精神構造がなかなかグロイ。
でも、このぐらいの精神構造を扱った小説ってのは結構あると思うけど、やっぱりこの作者乙一氏の書き方かな?
いやに目立つ。
なんか読む人の精神、心が冷えるって感じか。
なんか多感な人達が読んだら呼応するんじゃねーの?って思った。
全体的に暗いんで、そんなのが好みじゃないからお勧めしない。
でも「長い腕」が好きな人ならお勧めできそうだわ(笑。

お話の中には推理っぽいのもあるため、他の楽しみもできると思いますが、万人に薦めれる小説ではないと思いますなー。
この小説をお勧めするキャンペーンもネガティブキャンペーンだしねー・・・。
私はGOTH 僕の章も買いますがな!

GOTH 夜の章

GOTH 夜の章
posted by ルイサイファ at 01:35| 石川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説、読み物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月12日

魔界都市ガイド鬼録 魔性迷宮

はい、こんばんわ。
ルイサイファです。

なんか久しぶりにこの小説、読み物のカテゴリーを更新する気がする。
今日紹介するのは魔界都市ガイド鬼録 魔性迷宮
著者は菊池秀行氏。

シナリオはこんな感じ。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
<新宿>の居酒屋で、結婚詐欺師の田沼がくすねた風呂敷包みが全ての始まりだった。中身は不明、妖気すら漂う風呂敷包みをめぐって、神を食った不死の殺人狂・八千草飛鳥、美貌の秋光尼<新宿警察>屍刑四郎刑事ら多彩な人物が関わり、<新宿>はかつてない混乱の渦中に。風呂敷包みという正体不明の敵に、さしものナンバーワンガイド・外道棒八の勝算はいずこに。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

ちなみに主人公は外道棒八。
とみちぼうはちと読む。
苗字が外道で、名前が棒八。
ろくな名前じゃない。
棒八っていうのは忘八からきてると思う。
っていうか小説内でも言われてた。
忘八っていうのは、孝・悌・忠・信・礼・義・廉・恥の八つを忘れた者を指す。
江戸時代ぐらいに吉原などの遊郭を仕切ってた人を言っていた気がする。
女の人に売春させる人たちは、上の8つの人の善なる感情や心を忘れる、または捨てないとやれないってことかな。
まー、ろくな名前じゃないって事ですわ。
こんな名前だからろくな主人公じゃない。
いわゆるダーティーヒーローってやつかな。
私はこういう主人公が好きだから結構はまってる。
この魔界都市ガイド鬼録はシリーズものだが、この本をあわせて今までに3冊でてるはずである。
私はこのほかにもう一冊読んでいるが、そっちも面白かった。
それが面白くなかったらこの本買ってないがな(笑。
実は魔界都市シリーズってのが大元にあって、この魔界都市ガイド鬼録はその番外編みたいな感じ。
この魔界都市シリーズの本編の方も一冊買ってみたのだが、あんまり好みじゃなかった。
やっぱり私はこの外道棒八という主人公に魅了されているのかな?

お話の内容は伝奇小説だから、そういう小説が好きな人は好きになれるんじゃないかな?
<新宿>が舞台だから何か親近感わく。
女神転生と一緒の感覚だ。
女神転生もシンジュクやロッポンギなどでてくる。
まー、<>がついてるから本物の新宿とはまったく違うけどね。
主人公以外の人物も魅力的だし、そんなに難しくないからさらって読める。
あと少しエロイね。
この菊池秀行氏はきっと巨乳好きだね。
また、話のないようにまったく関係ないが、ホリエモンとか一文に出てきてちょっと笑った。
なかなか時事にのってますな。

あんまり、内容にはネタバレっぽくなると困るから触れないが、伝奇小説が好きでエロくても大丈夫!って人にはお勧めです。
でも、読むとすれば一番最初に出た殺戮迷宮とかから読んだほうがいいかもしらんです。
出てくる登場人物がさっぱり分かりません。
まー読んでも分かりませんがね・・・。
やっぱり番外編だから本編読んでないと登場人物の関係が分からないところもありますが、そこらへんは脳内補完してください!
それも今回の物語にはこの菊池氏が書いた別作品の主人公とか登場してるから色々読んでないとさっぱりかもね。
私も分からんかったし。
あとがき読んで気付いた。
でも、小説内で軽く説明するからそこまで苦じゃなかったし。
この小説読んで他の作品も読んでみようと思うぐらい。
こういうのも含んで面白かったということで(笑

魔性迷宮

魔界都市ガイド鬼録 魔性迷宮


posted by ルイサイファ at 01:26| 石川 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説、読み物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月16日

ベルゼブブ

はい、こんばんわ。
ルイサイファでございますわ。

なんか本の事ばっかり書いてますが、金曜は飲みに行った。
4時ぐらいまで飲んで帰ってきたが、次の日は再起不能に陥った・・・。
久々吐いたね。
まー、楽しかったからよかったとしよう。
はい、日記終わり。

はい、今回の小説はベルゼブブです。
ベルゼブブっていうのは、知らない人が多いかな?
女神転生とかしている人なら絶対知っていると思うけどね。
まー、そんなに知りませんよね・・・。
簡単に説明しますと、悪魔です。
サタンは知ってるでしょうが、それと同一視したり、悪魔の順位の中でサタンに次ぐ2位の位置にいる悪魔だ。
ようするに偉いって事だ。
言葉の意味はヘブライ語だったかな?
「ハエの王」って意味。

この悪魔を中心に織り成す物語。

私は、以前より女神転生やいろいろな本で悪魔とか天使とか神様とかの物語が好きなので、この本の名前だけでほとんど決めてしまった。
厚さもいい感じに厚く、読み応え十分!と思ったのも買った理由のひとつだ。

でもねー、正直言ってびみょーだった。
悪魔や聖書の情報はたっぷり。
情報の倉庫であることは間違いない。
しかし、肝心の話がねー。
つらかった。
最後まで読んだけど、最後までこの感情を拭い去ることはできなかった。
私の中では完全なる名前負け!
名前が名前だけに期待もひとしおだったのも、こういう感情の原因のひとつだろう。
うーん、残念。

でも、上にも書いてるけど、悪魔やら聖書などの情報はたっぷり。
これはこれで楽しめた。
こういうことに興味がある人はいいかもしれない。

あと、ベルゼブブが蝿の王って意味だから、虫嫌いな人は読まないほうがいいかもしれません。
虫いっぱい出てくる。

でも、虫に関する作者の考えは「ほほー、こういう考えもあるのかー」と感心するところもあった。
作者の考えじゃないかもしれないが、私がおもっていた考えじゃなかったから、自分とはまったく違う考えに触れれたのはよかった。
こういう違う考えの享受も、読書の楽しみだ。
読書に限った事ではないがね。

まー、お勧めなのかお勧めじゃないのかさっぱり分からないが、こんな感じでベルゼブブの紹介は終わり。

結局は好き好きということで!


ベルゼブブ

ベルゼブブ

posted by ルイサイファ at 01:38| 石川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説、読み物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月13日

玩具修理者

はい、こんばんわ。
ルイサイファだわ。

新しくカテゴリとして小説、読み物を加えてみました。
今頃、よく読むようになったからいいかな。
いつまで続くかわからないが。
あと、ネタ晴らしとか極力やらないようにしたいから、適当に書きます。
内容にはさっぱり触れないときもあるかもしらん(笑


さて、1冊目としてこの前の記事にも書いている玩具修理者
今日で一気に読んでしまった。

グロい

私が読んだ小説の中で一番グロいね。
私がよく見る小説を紹介するサイトでも「匂いたつ描写」と紹介されているが、まじでそんな感じ。
正直顔をしかめた。
ここまでグロい描写はなかったねー。
なんかね。
冷静に精密に書ききってる感じ。
全てが頭の中で詳細に構築される。
うへー、って感じよ。

今回の小説は短編である玩具修理者酔歩する男の2つが載せられている。

玩具修理者は書いているようにグロい。
しかし酔歩する男はそこまでグロくない。
結構難解だと私は思った。
物理用語などが結構使われており、私は理系なのであー習ったなーてな用語が続々と。
でも内容は結構忘れてた(笑
でも、こう考えると面白そうだなとも思った。
こっちは精神的にクル話かな、どっちかというと。

両方あわせて200ページ前後と結構薄い本なので、サラッと楽しめると思う。
グロイものが大丈夫な人にはお勧め。


玩具修理者

玩具修理者
posted by ルイサイファ at 01:55| 石川 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説、読み物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月09日

マルドゥック3

はい、こんばんわ。
ルイサイファですのよ。

全然関係ないが、日曜洋画劇場特別版「風林火山」見た。
加藤あいはかわいいけど、演技下手くそねー。
信玄と謙信も若いし。
女の争いとか大奥で受けたから足しただろ!とちょっと思った。
でも勘助はよかった!
勘助が片足悪かったのね。
竹中半兵衛と思っていたわ。

まー、それはいい!
さっきマルドゥックスクランブル読み終えた!
これは面白いね!
結構HIT!
やっぱ悪役とか脇役がカッコいいのは面白いね。
魅力溢れるものはいいものだ!
戯言シリーズもそうだった。
他のメンバー目立ちまくりで誰が主人公だかわかりゃしねー。
もちろん主人公が光ってるから他もいいんだろうけどね。
ちょっと泣いたしねー。
今回SFモノだけど、SF以外もきっちり調べてあっていい感じ。
っていうかその部分が緻密すぎて、さっぱり分からん!
でも興味が持てる内容。
やっぱ小説家は頭良くないとダメね。
一つのジャンルに特化してるだけじゃ話が薄くなりそうだしね。
様々な方面の知識を網羅するのは至難の業だろう。
あとがきにも書いてあったし。
難儀なものだわ。
全部の職業そうだろうけどね・・・。

それにしても、この小説はお勧めです!
SFとか好きな人は好きになると思いますぞ。


マルドゥックスクランブル

マルドゥックスクランブル

posted by ルイサイファ at 01:51| 石川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説、読み物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月07日

マルドゥック2

うは!マルドゥックスクランブルの2巻に出てくる登場人物かっけー!



やっぱね、年齢とは重ねていくものだね!
重みが違うわ!
本当のかっこよさをかもし出すのは中年ぐらいからだね!
惚れるとはこういうことをいうものだ!
若造はだめだーー!


私もかっけー中年になってやるわ!
posted by ルイサイファ at 01:52| 石川 ☁| Comment(2) | TrackBack(2) | 小説、読み物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月06日

マルドゥックスクランブル

はい、こんばんわ。
ルイサイファです。

論文が鬼のように大変で暇はあんまりないのだが、ようやっと明日には出せそうだ。
苦節2ヶ月程度。
いろいろな発表論文から集めて書いたため、一からの出発というわけではなかったが、それでもやっぱり大変よねー。

まー、そんなことはどうでもいいのだが、マルドゥックスクランブル面白い!
実家に帰る新幹線の間で読もうとおもって買ったから読む機会というか時期をつかみそこなった感じだったが、論文の合間合間に読んでた。
今2巻目の半分程度。
今まで、推理ものとかが多かったが、SFも面白いねー。
新たな分野の開拓だわ。

それにしても、今頃はテレビよりも小説読むほうが楽しいね。
テレビはニュースばっかり見てる感じ。
あと格闘技か。
プライドは途中で見るのやめたけどな・・・。

テレビ見るより、インタネーットラジオかけて小説読んてる時間が長い。
このごろ聞いているラジオが音楽のチョイスが私好みで実にいい!
まー、小説に夢中になって聞いてないことが多いけどね。
ある知り合いが言っていた「音楽聴きながらコーヒー飲んで本を読む生活」がわかってきたわ。
実にいいね!
インスタントコーヒーだが、それでもコーヒーの味を知らない私にとってはなんでもいいね。
衝動買いでコーヒーメーカー買おうとしたが、思いとどまって正解かもしらん。

まー、ぜんぜんマルドゥックスクランブルに触れていないが、面白いっすよ!
ちーっとグロイけどね。
お勧め。
しかし、この調子で行けばさらっと読んでしまいそうだから、次は何買おうかな?
玩具修理者にしようかな。
グロイらしいし。
そろそろ、西尾維新氏の作品に戻ってもいいころあいかもしらんし。
同じ作家を続けて読むのは極力避ける私。
しかし、西尾維新氏戯言シリーズだけは連続して読んでしまったね。
まー、そんなに小説自体を読んでないんだけどね。

小説というか活字は実にいいものだ!
最後に私が覚えている名言をおいて〆ましょう。

AV見るより官能小説を読め!

イマジネーションが大事!
posted by ルイサイファ at 01:03| 石川 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 小説、読み物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月23日

長い腕やべーー!

はい、こんばんわ。
ルイサイファだわ!

タイトルどおり!
まだ、中盤あたりだが、やばいね!これ!

おもしれー!

怖い!
精神的にくる!
ニヤってしてしまう!
読みながらうひゃひゃhy!って言ってしまうね!
周りから見たら変な人決定!
通報されてもおかしくない!

今までテレビをBGMに読んでいたが、さらに集中するためにインターネットラジオに変更!
コーヒー飲みながら読み進めるわ!
これはお勧めね!


あと、マルドゥックスクランブルの入手成功!
これで我が小説人生は安泰だわ!
おほほ!
posted by ルイサイファ at 22:35| 石川 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説、読み物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月21日

長い腕

はい、こんばんわ。
ルイサイファですよ。

忙しいっていうか眠いので短めに!

長い腕買いました!
まだ、ほとんど読んでいないのだが、私が好きな感じがもうビンビンしてくる!
それに読みやすい。
これははまるかもしらんね。

なんか、皆様も面白い小説なんかありましたら紹介してくださいな。

推理小説とか好きです!
恋愛小説はあんまり読みません!

グロイの大好きです!

ちなみに今度読もうと思っているのはマルドゥック・スクランブル玩具修理者

玩具修理者はグロイらしい。
マルドゥックスクランブルは、長い腕と同時に買おうと思ったけど、石川最大級の本屋さんでも発見できず・・・。
さっき、Amazonでも調べたが、この小説は全3巻なのだが、もしかしたら3巻がないかもしらん・・・。
これはやばい・・・。
なかったら結構ショック。

本屋探しの旅にでも出かけるか・・・。

まー、そんな感じで合間合間に小説読んでます。
お勧めあったら教えてくださいな。
posted by ルイサイファ at 00:26| 石川 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 小説、読み物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月10日

天国までの百マイル

天国までの百マイル

天国までの百マイル



やばい!

泣いた!


浅田次郎氏の作品なのだが、私はこの作者の作品は読んだ事がなかった。
私がよく見るサイトで紹介されていたので読んでみたのだが・・・・。

これはやばいね。
一日で読んでしまった。
最初はそれほどでもないかなーと思ったけど、すげー面白かった!
もうね・・・・中盤ぐらいから泣きっぱなし。
今日は旅日記書いたので書かないでおこうと思ったけど、この感動は書き記さないといけないと思い今日2個目の記事。

今頃小説読みまくりなんだが、西尾維新氏の戯言シリーズを読み終えたので、色々な作者の作品を読んでいるのだが、なかなか面白い作品に出会えなかった。
この前に読んだ重松清氏流星ワゴンも面白かったのだが、読むのが早過ぎた。
これは父親と子供のお話を中心に進むのだが、まだ父親になっていない私より、父親である人が読んだほうが面白かっただろう。
年齢的に早かったね。


その後に、この作品にたどり着く。
浅田次郎という名は聞いたことがあったが、作品は読んだことなし。
っていうかこの前まで小説は人生に3冊ぐらいしか読んだことありません!って人だったからな・・・私・・・。
この作品に出てくる人間がもう魅力的すぎる。
浅田次郎氏はヤクザを書かせたらピカイチらしいのだが、この作品にもいい感じの人がでてた。
もうそこでHITやね!
ヤクザがでまくるプリズンホテルという作品があるらしいが、もう購入決定!
絶対買ってやる!
それ以外の人物もね・・・・。
もう思い出すだけで泣けるね・・・・。
あんまり語るとネタバレになる可能性もあるので、ここらへんで終わろう。

でも最後に一言叫ばせてくださいな。


マリィーーーー!お前はいい女だぁーーーー!
もうね!うわーーーーーん!




何か紹介されていたサイトと同じようになったけど気にしない!
posted by ルイサイファ at 22:22| 石川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説、読み物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月13日

戯言シリーズ

はい、こんばんわ。
ルイサイファですよ。

今まで小説読んでいたらこんな時間になってしまった。
まー明日日曜だからいいんだけどね。

以前から少し小説について触れている日記もあるが、それの殆どは戯言シリーズのお話。
西尾維新氏の作品。
それがどうやら最近出された本でシリーズ終了らしい・・・。
結構ショック。
でも人気らしくていつも行く本屋さんでは売り切れだった。
平積みされてたから結構数はあったみたいだが、売り切れてた。

まー、今回読んだのはそのシリーズの4作目の「サイコロジカル」
上下巻あったが、3日程度で読んでしまった。
私は以前にも述べていると思うが、上下巻とか続いている話が苦手だ。
理由は途中で飽きるから・・・・。
しかし、今回は上下セットで買ったね。
こんなの初めてだ、もう読むという確証が自分の中で持てたからだろう。
まー、そのくらいはまっているわけだ。

全体的に暗い雰囲気がいい。
私は推理小説ばかり読んで、それも猟奇殺人系ばっかり。
かなり偏っている。
まー、推理小説だと結構猟奇殺人ばっかりだと思うが。
その中でもこの作品は結構猟奇ってるね。
あんまり力いっぱい死体の描写をしてないならそこまでないが、私が以前読んだ作品の中では死体描写や銃の知識を必要以上に書いててなんかダメダメなものもあったが。
この作品は丁度いい感じの描写。

でもお話が難解ね。
難解って言うか言葉遊びが多い。
まー戯言使いだからしょうがないのだろうが。
好き嫌いわかれるシリーズではないだろうか?
その作者のほかのシリーズを読んでいないから、この作者特有の書き方かこのシリーズだけの書き方か分からないけれど。

私は2作目が好き。
1作目の衝撃が大きかったけどね。
そのインパクトで今も買い続けてるわけだが。
しかし1作だけが面白いシリーズもあるなかで、2作目も面白かったのが決め手なのかもしれないな。

それにしても高いね、小説・・・。
これはノベルというのかな?
高い!
でも面白いから買うのだが・・・。
もう少し安くしてください・・・。


今日は眠いからこのへんで。
このシリーズはまた書くだろう。
全部読んでないしな。
では皆様、おやすみなさいませ。
posted by ルイサイファ at 02:54| 石川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説、読み物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。