2005年09月20日

死体愛好者

死体愛好者の皆様、こんばんわ。
死体愛好者のホームページで検索にひっかかるルイサイファです。

さて、変な挨拶で始まりました今回でありますが、なぜこんな挨拶をしたかといいますと、昨日のHP閲覧数が100を超えました。
うお!と思い、調べてみるとどうやら死体愛好死姦などの言葉で検索にひっかかる模様。
どうやらこのという記事にひっかかるようです。
ほー、さらっと書いた言葉にひっかかるものねーと思い、どうせならこの死姦などで語ってみようと思う。

さて、私はネクロフィリア死体愛好者ではない。
今のところはね。
将来はどのようになるか分からないけどね。

さて、以前に書いたけど、ここでもネクロフィリアの意味を載せておこう。

(ラテン語)necrophilia.
死体を姦淫すること。異常性欲の一種。死姦(屍姦)。
原義は necro(しかばね)+philia(愛すること) で、死体愛好。


こんな意味。
まー、私は死体愛好者や死姦は人それぞれの好みだし、雑誌にも載っている事を知っているためにそこまで超絶異常とは思ってない。
殺し屋1という漫画にはホモで死体愛好者の人もいたしね(この漫画はあまりお勧めできません、正直すごいです。)。
まー、でも世間的にはあんまり受け入れられる性癖ではないんだろうな。
上の説明でも異常性欲って書いてあるし。

でも、こういう死体愛好者の人たちって、生きている時からその人が好きで、その延長上でその人の死体を愛し続けるのか。
それとも生きている間は目もくれず、死んだその瞬間からその死体が素晴らしく感じられ恋愛対象になるのだろうか?
これが分からない。
うーむ、やっぱり死体愛好者だから後者のほうかな?
どの点がいいんだろうか?
表情が変わる事のない顔。
もう動く事もないだろう体。
死姦ってあるからなー、反応しないのがいいのだろうか?
私はなにかと反応あるほうが楽しいんだけどね。

本当にその人が好きで好きでたまらずに前者になる人もいるのかもしれない。
残念と言っていいのか分からないが、私はまだそういう恋愛をした事ない。
なんか物語でこういう話ありそうね。

それともあれか?
もう誰のものにもならないとかそういう精神もあるのかな?
死んだら心変わりもしない、一生私が愛し続けるわ!って感じがしそう、私の中ではね。
あー、それだと亡くなった人を思い続ける人と一緒か。
それの延長上?

こういう考えもいま浮かんだ。
その人と相思相愛の状態で相手が亡くなった場合、その人をそのまま処理でも何でもして残しておけばその人の心もその不変の姿とともにその体に残るかもしれない。
うーん、これだと前者の説明でしかならないな。

もし仮に私が死体愛好者だとして考えをめぐらすと、腐食処理を施した恋人の体は半永久的に死んだ時のまま。
その姿が綺麗だったり、凛々しかったり、可愛かったりする。
それを人形のように見て愛でる。
うおーーー!やっぱり愛でるまでしか想像できない!
姦淫はできないな・・・・。

やっぱり今の死体愛好家ではない私には分かりませんわ。
性欲や性癖ほど人によって十人十色なものはないと私は思っているため、まだまだ分からない事もあるでしょうな。
そういうことを感じた時は再び書くかもね。
では、今日はこのくらいで。
またまとまってないね!
では、ノシ
posted by ルイサイファ at 19:46| 石川 ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | こころ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ルイさんのホムペだけあって
普通じゃないとは思ってましたが
また変なことで閲覧数増えてますね。

死体愛好家・・・なんかこういうのって興味をそそられますね。
好奇心を刺激される、というか、なんで同じニンゲンなのに違うのかなって。

別に死体愛好家が好きとか、なりたいってワケではないですけど。

性的興奮を覚えるとか本能に起因する部分は先天的なモノなのかな?
脳の一部の構造が一般人とは生まれた時から違うのだろうか。

それとも・・・って、長いんでやめます。
私のブログでも書いてみようかしら。

HIT数伸びるかもしr(・・・

また、更新楽しみにしてます。
Posted by ツェペリ at 2005年09月23日 00:10
ふはは!いま飲み会から帰ってきた!
左の指がうまく動かないが気にしない!

死体愛好家ねー。
まー、なりたいとか思ってないやつが意外となったりするんだけどな(笑。
そういう私も将来はどうなるか分からないしねー。

性的興奮を覚えるのは私自身の考えでは後から生まれるものだと思うし、その時々で変わるもんだと思う。
私も今頃メガネスキーに変貌したし。
昔はそう好きじゃなかった気がするわ。
でも、こそーっと好きだったのかな。

まー、よう分からんな!
ブログに早速書いてたな。
今日はもうつらいんで書かないが、いずれコメントさせていただくかもしれん。
そんときはよろしゅー。
ではね、ノシ
Posted by るいさいふぁ at 2005年09月23日 01:57
貴方もはんとうは、ネクラフィットなのでは?
Posted by 一郎 at 2006年11月21日 15:34
うーむ、いまのところまだネクロフィリアではないですなー。
まー、死体なんかそんなに見たことないからかもしらんですがねー。

まー、将来の趣味なんかわからんですがねー。
Posted by るいさいふぁ at 2006年11月29日 23:38
korosu 殺す
Posted by あああああああああああああああああああああああ at 2012年09月21日 17:18
小説を書いてて、、
お話聞きたいんだけど、あんまりいないのかなぁ。どこで愛好者に出会えるんだろうなあ。(o'ω'o)?
Posted by 希望者 at 2017年11月17日 20:57
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。