2007年03月07日

となりの801ちゃん

はい、こんばんわ。
ルイサイファですよ。

今日はひさしぶりに本のご紹介
その名も!

となりの801ちゃん

ああ、なにか私の中から消えた気するわ・・・。

801(やおい)
漫画やアニメ等の原作の男性キャラクターを使用して、男性同士の性愛関係を描いた二次創作作品や、男性同性愛を題材にした女性向けの漫画や小説などの俗称。


さすがウィキペディア!
何でもかんでも載ってるぜ!
ちなみにやおい愛好者の女性を腐女子(ふじょし)と呼ぶ。
この本の作者は付き合っている彼女が腐女子だそうだ。
作者自体もオタクで、その二人の何気ない?生活をつづったブログの書籍版でございます。

ちくしょう!
私がネットにあるものの書籍を買ってしまうとは!
電車男が流行ったときもネットで読めばいいじゃないと冷ややかに見ていたのに・・・。
この本との出会いは適当に入った本屋さん。
平積みされていたのと、すばらしいネーミングセンスに好奇心が疼いて手にとってしまいました。
いやー、本屋で声出して笑いそうになって、変質者扱いになるところでしたわ。
そのときは本の値段(1050円!)もあって買わなかったけど、色々な本屋さんで見るたびに買いたい衝動との戦いを繰り広げていた。
そして、今日!
地元の本屋さんでとうとう物欲に屈することとなる・・・。
今、手元に真新しい「となりの801ちゃん」が・・・。
ちくしょう・・・面白いぜ・・・。
家だから思いっきり笑える。
買ってよかったね!

内容的には本当に生活一般のお話。
いや・・・違うな・・・。
オタクカップルだから色々と違うかもしらん。
かなり違うかもな。
でも楽だろうな、いろいろと。
同じ趣味?の共有って言うのは。
ディープになりすぎて仲たがいするかもしらんが・・・。
まぁ、私もオタクでしょう、多分。
私の知識でオタクって言ったら起こられるかもしれんが。
漫画は好きだし、アニメも見るかなー。
今頃は見なくなったが。
まー、オタクを何かにどっぷりはまったマニアックな人と定義するなら私はアルコールオタクだけどな!!
そっちが駄目な気がする・・・。

まー、今までも彼女ができると結構隠すのね、やっぱり。
まぁ、家とかで遊ぶとすぐばれるがな。
ばれてもうまくはいくが。
ともかく隠さずにそれでキャッキャ騒げるのはちょっと楽しいんじゃないでしょうか?
なんか読んでるとそれだけじゃないみたいだが・・・。
何事も程ほどよね!

さて、本の構成だが基本的に4コマ漫画です。
しかし、その途中にところどころ挟まっている1コマで表している漫画が最高です。
ほとんど笑ってしまいましたわ。
だがねー。
これはやはりアニメオタクの人が書いているためか、アニメや漫画に出てくる用語が多い。
一般人(ああ・・こう言っている時点で終わりだな・・・)が読むと結構難解かもしれません。
注釈で一応説明はしてありますが、やっぱり最初から知ってるほうが笑えます。
予習が必要な漫画だな!
なんか嫌だな・・・。

まー、買うと何かを失いそうな本ですが、私は好きです。
勧める気などない!
気になる人は買えばいいよ。

著名:となりの801ちゃん
著者:小島アジコ
価格:1050円(税込み)

となりの801ちゃん



となりの801ちゃん


posted by ルイサイファ at 21:45| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説、読み物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。