2006年03月12日

さりげなく量的金融緩和終わってましたな。

はい、こんばんわ。
ルイサイファですよ。

タイトル通り。
さりげなく量的金融緩和政策解除されたね。
今頃ゲームにはまりまくってニュース見てないからだけどね・・・。
次の日の新聞見て「うお!いつのまに!」と思ってしまった。
でも、量的緩和政策で皆が注目しているゼロ金利はいまだに続いているみたいだが。
しかし、このゼロ金利も今夏ぐらいで解除だろうとの噂。
だから今頃住宅ローンとかで固定金利が流行っているようだ。
通常は金利は時代時代で変わるものでそれでローンの金額も上下する。
しかし、固定金利にしておくとゼロ金利が終わって金利が高くなったとしても今の固定された金利を支払い続ければいい。
また、利点として固定だから将来いくら払えばいいかが分かり、将来のお金の計画が立て安いとのこと。
まー、私はまだまだこのようなローンを組まないでいいので、真剣に聞いてないからよく分からないけどね。
でも、私がいざ家など購入する時はゼロ金利が解除された後だろうからローンは高くなるだろうね。
そう思うと、今家買おうとしている人々の気持ちが分からん事もない。
っていうかちょっとずるいな!と思ってしまう(笑。

私は量的緩和政策はこのゼロ金利がメインだと思っていたけど、ちょっと新聞読んだら違うのね。
簡単に言うとお金をばら撒いているみたいなものかね?
その中でゼロ金利もあるって感じかな?
とりあえずお金をばら撒いて、金利も0%程度まで下げ、企業がお金を借りやすくして倒産を防ぐって感じかね?
それで、とりあえずの開発費や会社維持費を手に入れてなんとかこうとか生き延びる。
体力がない人に点滴やら栄養ドリンクやら食事をとりあえずいっぱい与えて体力をつけてもらおうって感じかな?
よう分からんが。
それで今頃景気がよくなって、物価も上がってきてデフレも収まった感じ。
そこで量的緩和解除というわけか。
実際この量的緩和をやるっていう事態が異常らしいからね。
結局ばら撒いているけど、このお金はどこからかきてるんだろうからね。
多分国債だと思うが・・・。
将来の借金で今の経済を救ったってことかな。

しかし・・・
ぱっと新聞読んだだけだからよく分かってないだけだと思うが、日銀当座預金残高30兆円のお金を3,4ヶ月で10兆円程度まで減らすって言ってるけど3ヶ月程度で20兆円も減らせるの?
ちなみに日銀当座預金残高の意味はこんなの。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
日銀当座預金残高

銀行や証券会社などが日銀や他の金融機関と資金を決算するために日銀内に口座を開設している預金。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

さっぱり分からん・・・。
多分、あれだ。
この残高が結構あると、金融機関が企業などにお金を貸しやすくなるんだと思う。多分・・・。
まー、これもお金をばら撒いているんでしょうな。
この残高がいっぱいあるから、金融機関も安心してお金を貸せる。
で、これを3ヶ月程度で10兆円まで減らして、最終的には6兆円まで減らす予定らしい。
なんか一般人の私の感覚では20兆円以上一気に減って大丈夫なのか?と思ってしまう。
3ヶ月程度っていうのは急じゃないのか?
疑問だ・・・。

しかし、この話題は理解するのが難しいね。
さっぱりだわ。
経済の内容を理解するのも難しいし、政府と日銀の関係も難しいし。
今回の量的緩和3月の時点で解除っていうのも日銀の先走りではないかと政府が言ってもいるし。
これは以前からまだ早い!いや今が手ごろだ!とギャーギャー色々なところが言っていたけどね。
今回の解除の時期は政府の中でも割れてるみたいだし。
竹中氏は早くて残念だと言い、谷垣氏与謝野氏はどっちかというと容認っていうか妥当みたいな見解出してるし。
経済に精通している人々がこのように意見が分かれるぐらい難しい問題なのだろうね。

何はともあれ世論が関心を寄せているゼロ金利はまだ解除されないようなのでそこまで激震!ってほどなってない様子。
私の周りだけかな・・・。
といっても今夏には解除という予想だが。
多分、サンデープロジェクトやTVタックルなどで取り上げられるだろうから今から寝て10時には起きないといかんな。
とりあえずブログに取り上げたけど、まずは理解が先よね・・・。
posted by ルイサイファ at 02:24| 石川 ☔| Comment(0) | TrackBack(1) | 経済・政治関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/14665121

この記事へのトラックバック

0金利解除による住宅ローンの行く末
Excerpt: 0金利が解除された事により、住宅ローンの金利が急上昇するのではないか、という行く末を心配する声がチラホラ。そして、実際に早めに今の低金利の内に長期固定金利型へ借り換える動きが多く見られます。
Weblog: 住宅ローン・借り換え・金利の 『住宅ローン指南ブログ』
Tracked: 2006-10-18 01:35
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。