2010年03月29日

零崎人識の人間関係

はい、こんばんわ。

西尾維新氏が書く「零崎シリーズ」の最新刊が出ました。
タイトルは「零崎人識の人間関係」。
このシリーズの最終章ですな。
しかしなんということでしょう。
4冊もだしやがった!

零崎人識との関わりが深い4人との関係を1冊づつにまとめているみたい。
最後に4冊だすとは・・・。
4冊出すのはいいが、1冊1冊が高い!
1,000円程度しやがる。
ノベルスは高いんだよ!
畜生・・・いい商売しやがる・・・。
このシリーズは本編の「戯言シリーズ」より好きな感があるから買うしかないじゃないか・・・。
いい鴨だぜ・・・。

とりあえず「匂宮出夢との関係」から買いました。
どれから読んでもいいのかな?
背表紙の番号が若いやつから一応買いましたが・・・。
当分は西尾維新ワールドに浸りたいと思います。



posted by ルイサイファ at 18:36| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説、読み物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。