2006年02月14日

GOTH 夜の章

はい、こんばんわ。
ルイサイファでございますわ。

さて、またまた内なる小説読みたい欲がでてきた。
今回読んだ小説はGOTH 夜の章
内容はこんな感じ。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
森野夜が拾った一冊の手帳。
そこには女性がさらわれ、山奥で切り刻まれていく過程が克明に記されていた。
これは、最近騒がれている連続殺人犯の日記ではないのか。
もしも本物だとすれば、最新の犠牲者はまだ警察に発見されぬまま、犯行現場に立ちすくんでいるはずだ。
「彼女に会いにいかない?」と森野は「僕」を誘う…。
人間の残酷な面を覗きたがる悪趣味な若者たち―“GOTH”を描き第三回本格ミステリ大賞に輝いた、乙一の跳躍点というべき作品。
「夜」に焦点をあわせた短編三作を収録。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

主人公は森野夜という女子高生と「僕」という男子校生。
このGOTHはこの二人の主人公のそれぞれの視点から描かれた小説。
今回読んだ夜の章は森野夜という女子高生のお話。
だからもう一つ僕の章という小説がある。
まだ読んでいないけどね。

感想みたいなものは、結構面白かった。
値段が400円前後で薄いために、一日で読める程度。
短編が3作なので、一作ずつなら1時間もかからないんじゃないかな?
どれも面白かった。
でもグロイね。
私はグロイの好きだからいいんだけど、それがダメな人は気にいらないと思う。
でもこの小説は物質的なグロさもあるんだけど、精神的グロさが際立つ。
上に書いた内容にも書いてあるけど、−人間の残酷な面を覗きたがる悪趣味な若者たち−、まー主人公達なんだけどこいつ等の精神構造がなかなかグロイ。
でも、このぐらいの精神構造を扱った小説ってのは結構あると思うけど、やっぱりこの作者乙一氏の書き方かな?
いやに目立つ。
なんか読む人の精神、心が冷えるって感じか。
なんか多感な人達が読んだら呼応するんじゃねーの?って思った。
全体的に暗いんで、そんなのが好みじゃないからお勧めしない。
でも「長い腕」が好きな人ならお勧めできそうだわ(笑。

お話の中には推理っぽいのもあるため、他の楽しみもできると思いますが、万人に薦めれる小説ではないと思いますなー。
この小説をお勧めするキャンペーンもネガティブキャンペーンだしねー・・・。
私はGOTH 僕の章も買いますがな!

GOTH 夜の章

GOTH 夜の章
posted by ルイサイファ at 01:35| 石川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説、読み物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。