2009年06月09日

ハゲタカ 映画版

はい、こんばんわ。
ルイサイファですよ。
小田原に戻ってきました。
いやぁこっちが落ち着くね。

さて、今日は映画のお話。
見た映画は「ハゲタカ」
元は小説でNHKでドラマ化されましたな。
今度は映画化です。
簡単な内容は中国系のファンドが日本の有数の自動車会社を買収するってお話です。
大雑把過ぎてわかりませんね。

いやぁ!この映画は見たかった!
っていうかハゲタカが見たかった!
というか嶋田久作が見たかった!
もうこの俳優さんが大好き!
帝都物語から大好き!
加藤保憲大好き!
もうこの怪演っぷりがすさまじかった!
一瞬で虜になったね・・・。
ふぅ嶋田氏べた褒めはここらへんにしておこう。
話が逸れてしまう。

内容はそれほど経済ドラマっぽくありませんでした。
ハゲタカが投資ファンドを扱っているので経済用語やら背景やらが小説では難しいところがあるのですが、ドラマ化されたときからそこら辺は優しくなってますね。
時事ネタを含んでいるので大体の人にも分かると思います。
まぁ用語は知らないよりも知っていたほうが楽しめると思います。

というか小説版とドラマ・映画版は微妙に違うものとして認識したほうがいいかもしれません。
登場人物も少し違うし。
登場人物が一緒でも背景が違ったり性格が違ったりしてますんで。
ちなみに私は小説版が若干好きです。
あっちの鷲津が好き。

しかしこの映画に中国系のファンドで玉山鉄二がでてるのだが、純粋にこいつはかっこいいな。
眼鏡がよく似合って出来るビジネスマン!って感じだったわ。
メガネスキー補正は男女問いません。(眼鏡をかけると5割り増しで良く見えます!)
まぁ嶋田久作には敵わないけどね!
あと栗山千明も出てましたが、この方はキルビルの時のほうが好きでしたな。
決して制服を言っているのではない!
女性の髪の毛は前髪パッツンが好きなんですよな。
まぁ似合う似合わないが激しい髪形だとは思うが・・・。

なんか内容にあまり触れてないけど全体的に面白かったですよ。
もう一回見たいな。
まぁもう一度映画館でとはないかもしれないが、DVDとか出たら借ります。
今回の題材になった小説はまだ読んでないので買って読みます。
それも楽しみですな〜。
posted by ルイサイファ at 22:05| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 好きなもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

映画「ハゲタカ」情報・その2。
Excerpt: 昨日のブログにて映画「ハゲタカ」の衣装協力の ご紹介と主役の大森南朋さんの直筆サインの ご紹介をさせていただきましたが、それから 皆...
Weblog: メガネパークのブログゴト・PLUS
Tracked: 2009-06-09 23:30
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。