2009年04月26日

初老の紳士

街にはそんな紳士は歩いているけど
そこに行けば会えるっていうそういう安心感が良かったのかも

GENTE


はい、こんばんわ。
ルイサイファですよ。

上記の言葉はGENTEって漫画のセリフの一つ。
オーナーの奥さんが老眼鏡の似合う初老の紳士が好きで、そういう人を集めた飲食店で起こる出来事をまとめた漫画です。
いやぁ、私も初老という言葉に弱くてね!
是非私も良い感じの初老の紳士になりたい!
いや!なってみせるね!
あとね、この作者の絵が好き。
この作者のジャケ絵で小説買いましたからな!
それもハードカバー。
私が買ったハードカバーはこの一冊だけですわ。
内容も面白かったですがな。
のぼうの城だったかな?
歴史絵巻でした。
これもお勧め。

上記のセリフに戻りますと、紳士の部分を替えてみると色々なことに当てはまるような気がしますな。
良い言葉です。
言ってみて〜。
店に限って言えば、そういうお店見つけてないな。
っていうか行きつけの店ってのもないな〜。
うーん・・・見つけようと当初は思ってたけどな。
うーん、情熱がなくなってしまった。
posted by ルイサイファ at 21:29| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 小説、読み物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
呼ばれた気がします。
Posted by 紳士 at 2009年04月27日 12:53
残念ながら人違いではないのかね!
だってあなたは永遠の20歳だろ?
初老にはなれんな〜。
Posted by るいさいふぁ at 2009年04月27日 20:51
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。