2009年03月29日

夜は短し歩けよ乙女

はい、こんばんわ。
ルイサイファですよ。

久々小説の紹介。

「夜は短し歩けよ乙女」

読んだのは文庫本のほう。
やっと文庫になってくれました。
最初にハードカバーが出たんだけど、高いし重いし・・・。
買うの控えてたのですが文庫本が出たので手に入れました。
まぁジャケ買いですけどね・・・。
カバーイラストが好きすぎる。
このイラストレーター大好きです。
歌手のアジアンカンフージェネレーションのCDジャケットなんか書いてる人。
このバンドのCDもジャケ買いしたね!

ないようですが・・・・。
ヒロインである黒髪の乙女がかわいすぎる。。。
こいつが出てくるたびににやつく私が気持ち悪すぎる・・・。
いやぁ破壊力高いわ・・・。
文庫版の巻末に「ハチミツとクローバー」の作者でもある羽海野チカ氏の解説がもうね・・・。
俺はロリじゃないぞ!絶対!と自問自答したくなるぐらい可愛いな!
ふ・・・こういうことを書いている今の私も気持ち悪いぜ・・・。
しかしこの可愛さは認めざるを得ない!

この黒髪の乙女を好きな先輩もなかなかいい人物で応援したくなってきますな!
その他の登場人物も個性的で、一発で覚えてしまうぐらいキャラが濃いな。

あとなんだろう?
文体?が素敵。
基本的に乙女ターンと先輩ターンで話が進んでいくんだけど、その二つの文体の変化もいいし、乙女ターンの文体がいいわ。
ふぅ・・・また乙女か・・・。
気持ち悪いな・・・。

まぁ面白いですよ。
これならハードカバーで買ってもよかったな〜。
posted by ルイサイファ at 22:23| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 小説、読み物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
この本、私も読みましたよ。
ちなみに同じ森見登美彦の作品で『太陽の塔』と『四畳半神話大系』も読みました。
後者は『夜は短し歩けよ乙女』と同じ世界観を踏襲しており、お馴染みの人物が出てきます。
興味があるなら読んでみても良いかも知れません。
Posted by 紳士 at 2009年03月29日 23:52
この『四畳半神話大系』てのも読んでみたいんだよな。
このシリーズっぽいなら読んでみるかな。
しかし、小田原行ったら電車乗らなくなるから読書時間は減るかもなー。
Posted by るいさいふぁ at 2009年03月30日 23:02
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。